北海道標茶町にある旅人宿|なかまの家

なかまの家のロゴ

メールでのお問い合わせ

なかまの家通信できました!

標茶より、こんにちは(^◇^) 

今年は冬が早いですね。

数日前にはすでにマイナス20℃まで冷え込みました。

???????????????????????????????

キーンと冷たく澄んだ空気が「冬きたきたぁ~」って感じ。

 

???????????????????????????????

積雪量はさほどではありませんが、

この気温じゃもう融けないので根雪ですね。

(でもこの写真は昨日までのもの。今日は積雪で真っ白の世界)

 

*** 

 

さてさて、お待たせしました!

前回のブログで予告していた、なかまの家通信5号が

できあがりました。今回も、渾身の力作でございます!?

??????????

 

??????????

このニュースは欠かせませんよね。

 

??????????

もっとも力の入った記事はこれ。「なかま家の母屋のすべて」。

要するに、あの母屋がどれだけボロだったかという暴露ネタ。

引っ越し終わった今だから言えることです(^^;)

 

??????????

それから、気になる現在の様子もレポしてます。

 

 

いつも通り、今シーズン(4月以降)に泊まりに来てくれた方を中心にお届けしています。

(昨日発送したところなので、道内は今日、道外は明日以降に着くはず)

 ただし、何から何まで手作業でしたので、発送漏れの可能性大いにあり。

「泊まったのに届かなかったよ」という方はご連絡ください。すぐに送ります。

 

それから「今シーズン泊まってないけど、ほしい」という方おりましたら

82円切手を郵送のうえ、住所をお知らせください。

バックナンバーも3、4号なら在庫ありますので同封できます。

ただし、3・4・5号あわせて3枚希望の場合は、92円切手をお送りください。

(2枚までなら、82円切手で大丈夫です。)

→送り先 088-2335 北海道川上郡標茶町五十石 名嘉真宛

 

Web上で閲覧できるようにしてほしいという意見もいただいたんですが、

それだと実物を送る意味がなくなってしまうし、やはりここは、

あえてアナログで通すことにしました。悪しからずm(__)m

 

もちろん、直接、五十石へ取りに来られるのもOKです。

(留守の場合もありますので、直前で構いませんから事前に連絡いただいた方がベター)

 

???????????????????????????????

封筒を作って、スタンプ押して、あて名を書いて、三つ折りにして…と

今回はすべて、なかま父母が二人で夜な夜なやってくれました(^_^;)

 

ちなみに、これまで、標茶局、塘路局、磯分内局…と町内各地の

風景印(消印)を押していましたが、今回は残る最後の一カ所、

虹別局のものです。そこも注目してみてくださいね!

 

 5:22 PM|コメント (19)

コメント 19件

  1. 植田 紫眞子 on said:
    義兄の紹介で、息子と御世話になりました。ご家族の温かさも、美味しいお食事も懐かしくてなりません。
    同宿させて頂いた方々も、皆さま楽しくて。魚釣り名人さんにも感謝です。ブログ続けていただけると嬉しいです。
    • なかま on said:
      植田さん、お久しぶりです^^ コメントありがとうございます。
      なかま日記の方は、こそこそっと(母が)更新していく予定です。
      忘れたころの更新になるかと思いますが…
      ちなみに、K阪さんのところには通信最終号を郵送させてもらいました。娘
  2. エクタラ on said:
    いやいや寒いと思ったらそちらはー20℃ですか。山の上でしか経験したことの無い冷え込みですね。しかも、なかま母は湯たんぽだけで過ごして来たとは...(*_*)凄過ぎ~

    ロシアなら50度を超えるウォッカの力を借りて寝ることも出来るカモですが、そうそう高純度アルコールを調達しておくのも難しいでしょうし(^_^;)

    ともあれ、暖かくなった寝室で、これからはゆっくりお休みください。我が家も窓という窓を全面プチプチ張りにして、エアコンに頼らない生活を継続中です。子供は文句を言うけど(笑)
    • なかま on said:
      ご心配?ありがとうございます。そうなんです、昨日はマイナス27度今朝は26度と冷え込みが続いています。宿に移り住んでホントによかったです。帽子もかぶらず、湯たんぽも必要ないですから!  母
      • エクタラ on said:
        小生が会社に入った頃、函館の工場に配属された先輩が、炭鉱社宅みたいな所がすきま風が入って余りに寒く、部屋の中にテントを張って寝ていました。あとで労務課長に見つかり、テントは撤去させられたことを思い出しました(^_^;)そう言えば自分の木造寮も寒くて、いつも氷点下の部屋の中で吐く息が白かったなぁ。今じゃブラック企業とか言われそうですね(笑)
  3. 森 裕記 on said:
    こういったアナログな機関紙送付方法、大好きです。
    私も超アナログ人間で、旅行に行ったときは、友達や両親に、写メールではなく、あえて絵葉書を出したりします。
    私もなかまの家には、4月以降宿泊しておりませんが、ぜひ通信はいただきたいので、返送用の封筒と切手、送りますね。
  4. 原田修一 on said:
    こんばんは。
    岡山の原田です。
    またバイクで行かせてもらおうと楽しみにしてたんですが、残念です。

    密かに復活することを願っております。
    • なかま on said:
      原田さんには、お一人で、奥様と、最後は娘さんと、来ていただきましたもんね。
      (同じ職場の方と同宿、という偶然もありましたっけ)
      これからも北海道ツーリング楽しんでくださいね! 娘
  5. こさか on said:
    本日通信いただきました。ありがとうございます。
    五年前の年末、当日に宿泊させてもらいました。
    人生相談もさせていただきました。
    本当に閉業しちゃうんですよね。相当寂しいです。
    この宿をベースにあれこれ遊びたかったのに。
    でも本当にありがとうございました。
    なかま父と母が五十石に居て、標茶の天気をスマホで見るだけで私もそこに在ることができます。
    • なかま on said:
      私たちも、満員電車に揺られながら五十石を思ってくれている人がいる、と心に描くだけで日々楽しく生きていけます。次の、お会い出来るときまで、お元気で(^O^)/   母
  6. 新井 宏 on said:
    きゃははははーーっ!!うちにもとどいたーーーっ!!うっれしーーーーいいいいいっっ!!ここ最近泊まりにいってなかったから、忘れ去られてたらさびしいし・・と思って、お便り送ったばっかりでした。でもうちの消印「釧路中央」ってなってたんですけどーーー。でもでも、一気に読みました。毎回ものすごく楽しみにしていました。「次号」も期待してます。なかまの家が閉業しても「なかまの家通信」は継続・・ですよね。
    • なかま on said:
      そ、そんなに喜んでいただけてうれしいですぅ。継続!?ったって、今回のでネタ切れじゃないかと思うんですけど・・母としては。             
  7. 信号わたる~ on said:
    こちらにも届きました。ちょっとビックリしました。
    ありがとうございます。

    昨年秋の、鹿捕獲作戦の模様も載っていて、その場に居合わせた
    自分としては嬉しく思います。

    今年は冬が早く来たとのこと。ご自愛くださいませ。
    東京もいつもの冬より寒い気がします。
  8. 無事届きました〜!力のこもった通信で、楽しく読みましたよ。(今は妻がクスクスと熟読中)
    そういえば、以前聞いたお話しのなかで、元母屋は傾いたときにクサリだかワイヤーだかで、家ごと引っ張って直したとかなんとか(笑)…こんどの家は風呂付きですね。一度も入った覚えはありませんが!(笑笑)
    • なかま on said:
      tadaさん、奥さん、楽しんでいただけたなら、わが家の恥も何のその・・!?
      ああ、ジャッキで家を引っ張ったって、そりゃまた古い話をよく記憶してましたね!娘の記憶からも抜けていて、書きそびれたかも(~_~メ)漏れたネタ、まだありそうですね。   母
  9. 加藤通弘 on said:
    今日は南東北の街にも小雪がチラつく天気でしたが、嬉しいことに虹別消印のなかまの家通信5号が届きました。
    氷点下のしばれるなか、手作りの通信をありがとうございます。
    気になっていた引っ越し後の元宿の様子が手に取るようにわかり、なかま父と母の順調な冬ごもりの様子に元客としてもとても嬉しく思います。
    ふと、そこで思い出しました。
    飯寿司も食べそこなっていたことを!

    どうぞ、健康に留意され仲良く、良い年末をお過ごしください。
    次回、機会がありましたらツーリング途中で様子伺いに寄り道したいと思います。
    • なかま on said:
      加藤さん、ご心配ありがとうございます。宿を勝手にやめたのに、こんなにお客さんに気にかけてもらえて幸せ者です、私たちは。そのお気持ちに報いるためにも、ここでの暮らし淡々と営んでいきますね。飯寿司ももちろん漬けましたので、家族で平らげるとします(^ω^)        母

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

created by SORALINK.
当サイトはソラリンクが制作しました。

Copyright © Nakamano-ie. All Rights Reserved.