北海道標茶町にある旅人宿|なかまの家

なかまの家のロゴ

メールでのお問い合わせ

「道東あちこち<その他>」一覧

殖民軌道跡を歩いてみた!

とてもマニアックなスポットの紹介です。

 

殖民軌道。簡易軌道とも呼ばれます。

北海道において、開拓のために敷設された鉄道のことで、

いわゆる国鉄やJRのものとはまったく別物です。

私(なかま娘)もまだまだ勉強中のため、詳しい説明はウィキペディアに譲ります(^^;)

 

北海道独自の軌道ですが

特に標茶町にはいくつかの路線があったそうで、

そのあたりの事情に詳しい常連客のNさん@千葉 によると

『標茶といえば殖民軌道の町だよね』とのこと。

 

え~!標茶にそんなイメージなかった!

すぐ足下のことなのに、ぜんぜん知らない!

というわけで、急に興味が湧き、手始めに

やはりNさんに教わった沼幌終点を訪ねてみました。

なかまの家から車で15分ほどの場所です。

 

*****

 

資料によると、標茶線の最後に完成したのが沼幌支線です。

1966年に運行開始したものの、1970年に休止。

その後すぐに本線も廃線になったのでたった4年しか使われなかったらしい。

 

その終着地点に、いま現在も

車庫と住宅らしき建物、そして鉄橋が残っているのです。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

車庫(左)と住宅らしき廃屋。

古い写真を見ると、これらの建物の間にもレールが続いていたようです。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

 車庫。中を覗くと、枕木もそのままにありました。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

転車台の跡も確認できます。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

そして、ヌマホロ川にかかる鉄橋。 

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

この通り、はっきりと、その証が!

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

かつてこの先からレールが伸びていて、標茶市街地との間を

客を乗せた車両が行き来していたんだなぁ~。

鉄道についてはまったく詳しくないけど、

廃線跡から垣間見える、当時の人々の暮らしぶりには興味が湧きますね。

主にどんな用事で殖民軌道を利用していたんだろう?買い物とか?

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

また別の日、興味あり!というお客さんと一緒に見に行ったりもしました。

(Oさん@新潟、Mさん@帯広、下記読んでね! 実行しましたよ!)

 

というわけで、興味ある人は、場所を地図上でご案内しますよ~

ちなみに、町によって特に保存されているわけではないので

案内板など一切ありません(それはそれでもったいないですよね)

事前に予習したい方は、多少の資料なら宿にあります。

 

 

*****

 

ここからはおまけです。

 

後日、地図で確認して見てみると、

どうやら終着地点から約3キロほどは廃線後しばらくは

車道として利用されていたらしいことを発見。

 

これは・・・もしかして歩けるんじゃ!?

草が伸びきらないうちにやるしかない!ということで、挑戦してみました。

沼幌終点から、国道までの約3キロです。

???????????????????????????????????????????????????????????????

歩き始めは、築堤がはっきりしてわかりやすかったのですが・・・

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

藪を漕いだり・・・

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

倒木をかわしているうちに・・・

 

一時見失って迷子になりましたが、

なんとか線路跡の続きに合流して・・・

???????????????????????????????????????????????????????????????

山の中を歩くこと2時間あまり。

「なんとなく開けていて線路跡っぽいかなー」という

勘だけが頼りでした(^^;)

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

牧草地の端っこに出ました(この時の安堵感といったら!)。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

国道に出て、ゴール!

(もちろん実際の軌道はこの先も続いていたけど、歩けそうだったのはここまでなので)

この日のメンバーは、誘いに喜んで乗ってくれた Yさん@北見と、

当日の朝に急きょ参戦したわりに、誰よりも

探検隊っぽい出で立ちのHさん@岐阜の3人でした。

(Hさん、バイクで来てたのにこの傘もアライグマの尻皮も自前なんだもの!)

 

ひとまず沼幌支線の探索レポはこれにて一区切り。

しかし標茶の殖民軌道の歴史は、まだまだ奥が深そうです!

 12:34 AM|コメント (7)

穴場です、尻羽(シレパ)岬

・7月の営業状況お知らせ

2、3日は休館、15日は貸切

18日が残り女性1

18~20日あたりの予約はお早めにお願いします。

 

・道東観光情報の参考に過去のブログもどうぞ。

 →道東あちこち<グルメ>

 →道東あちこち<その他>

 

FBなかまの家ページでも、よりリアルタイムに情報発信中です。

 

*****

 

なかまの家から厚岸方面へ車を走らせること約1時間。

ほとんど訪れる人のいない、ひっそりとした岬があります。

特に平日なら、ほぼ確実にその景色を独り占めできるはず。

 

道道142号から砂利道を4キロほど走ります。

駐車場から、岬の先端まで歩いて20~25分です。

ただし、案内看板や、岬を示す碑などは何もありません。

 

10847826_784788194953886_1764893321288796767_n

ここにあるのは、ただただ広がる大海原と青い空、緑の草原だけ!!

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

けもの道のような跡を辿ってぶらぶら歩きます。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

岬の先端からは、大黒島や、厚岸湾の向こう側の海岸線を一望。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

切り立った海岸線の荒々しさも近くに感じつつ。

 

気の向くままに時々立ち止まっては、目の前の風景を噛みしめました。

???????????????????????????????????????????????????????????????

・・・ん? 草むらの中になにかいる・・・(上の写真に写ってるのわかるかな?)

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

メス鹿が懸命に草を食んでいました^^

 

 

ちなみに、4月の末に訪れた時のシレパ岬はこんな感じ。

フキノトウや小さな野花が咲き始めた頃でした。

???????????????????????????????????????????????????????????????

 

シレパ岬。

誰にも邪魔されず静かに

広い風景を味わいたい人におすすめの場所です。

 9:33 PM|コメント (0)

霧多布湿原とあやめヶ原へ行ってきました!

・休館日等のお知らせ

7月/2、3日は休館、15日は貸切

 

FBなかまの家ページでも、よりリアルタイムに情報発信中です。

 

*****

 

1年前のブログでも紹介したのですが、

またまた行ってきました!「霧多布湿原」&「あやめヶ原」です。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

霧多布湿原を横切る、通称MGロード(途中に霧多布湿原センターのある道です)

その両側は・・・

???????????????????????????????????????????????????????????????

右を見ても・・・

???????????????????????????????????????????????????????????????

左を見ても、こ~んなに、ワタスゲが広がっていました~!

 

霧多布湿原センターでは

お花の開花状況を案内してくれています。

初めにまず立ち寄るのもいいかもしれません。

???????????????????????????????????????????????????????????????

 

ちなみに、センター内にはカフェがあるので、

湿原を眺めながらゆっくり休憩もできます。

???????????????????????????????????????????????????????????????

この日は、ランチに浜中産の豚肉を使った

ポークジンジャーをいただきました(^^)

 

 

そして、霧多布湿原から海岸沿いの道を進んであやめヶ原へ。

???????????????????????????????????????????????????????????????

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

5~6分咲きといったところでしょうか。

まだもうしばらく楽しめそうでしたよ!

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

ここは、人も少なくて、ゆっくり散歩できるのが好きです。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

霧が晴れてきて、海岸線を望めました。

 

この時期、道東に来るなら「霧多布湿原」と「あやめヶ原」はおすすめです!

北海度のスケールの大きさを感じることができますよ~

1年前のブログにも、写真たくさん載せてるので

よかったら見てみてくださいね!→1年前の様子 

 11:44 PM|コメント (0)

JRで来る方へ、流氷みるなら…

※冬の楽しいこと、美味しいもの

・スノーシューで裏山を散歩~♪ スノーシュー貸し出しています(無料です)。

木登りワカサギ釣りも~♪ 

・なかま母のフェルトワークショップいつでも歓迎!

・北海道の郷土料理自家製飯寿司をどうぞ召し上がれ~

・SL冬の湿原号の運行スケジュール1、2月分が発表されました。

 雪景色の中を走るSLの姿は宿の窓からも見ることができます。

まぁとにかく、冬は冬で楽しいこと盛りだくさんなので、

こんな感じで(←昨冬のKさんパターン)贅沢にゆ~っくりしていってください(^^)

 

*******

 

冬本番ということで、

この時期ならではの見どころ紹介が続きますよ~♪

 

前日の登山レポにもあるように、

例年より2週間ほど早く流氷接岸のニュースが届きました。

???????????????????????????????????????????????????????????????

今週の火曜日に、浜小清水の海岸まで見に行ってきましたら、この通り!

まだ小さいけれど、流氷ありました~。

 

オホーツク沿岸まで、なかまの家からは車で約2時間ですが、

冬道運転に自信のない人はJRでの移動をおすすめします。

JRの場合も、網走駅まで2時間くらいです。

 

3日前から連泊中のOgさん@新潟も、

オホーツクまでJRで移動して、のんびり流氷を観光を満喫してきたばかり。

写真を拝借して、ご紹介します(Ogさんありがとうごさいます^^)

10945815_651669091625556_1477075776_n

止別(やむべつ)駅手前あたりで、釧網本線の車窓から。

海面がほぼ流氷に埋め尽くされています。

「これが流氷だということがすぐにわからなかった(苦笑)」とは、

流氷初体験のOgさん談。

 

こちらはワッカ原生花園にて。 

10947702_651669048292227_1411269686_n

さろまにあん@佐呂間に1泊したOgさん、流氷観光に連れて行ってもらったそうです。

背中で語っているのがさろまにあん宿主(笑)

女将よっちさんのブログにも、この日の様子がUPされていますよ~

 

JR移動の場合、なかまの家からの流氷観光は

日帰りできないこともないのですが、何しろ列車の本数が少ないので、

時間のロスが否めません。時間にゆとりを持たせたい人には、

さろまにあんちくちく会などでも交流♪)

あら鷲(ニワトリつながりで仲良くさせてもらってます♪)

に宿泊するのがおすすめです。

どちらも、事前に要相談で駅まで送迎してくれるそうですし。

 

それから、数日かけて冬の道東を周遊するなら、 

冬のぐるっと道東Vきっぷというものもあります。

5日間有効の、3月8日までのお得な乗車券ですよ~要チェック!

駅レンタカーが24時間で3090円というのも嬉しい!

新千歳空港から道内入りする人にぴったりです。

今時期だけのSL冬の湿原号流氷ノロッコ号、足湯めぐり号も

あわせて楽しんでください(^^)

 

ついでに・・・

格安航空券で北海道入りする人には

Peach道東フリーパスバニラエア道東フリーパスなんてのもあります♪

 

 

*****

 

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

なかまの家の最寄の五十石駅。歩いても10分弱ですが、

日が沈んでから到着する場合、車で送迎もしています。

事前に連絡くださいね。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

五十石駅に停車するのは、

上下あわせて一日11本です。ご注意ください。

 10:33 AM|コメント (0)

2月はSL押し!

 

※冬の楽しいこと、美味しいもの

・スノーシューで裏山を散歩~♪ スノーシュー貸し出しています(無料です)。

木登りワカサギ釣りも~♪ 

・なかま母のフェルトワークショップいつでも歓迎!

・北海道の郷土料理自家製飯寿司をどうぞ召し上がれ~

・SL冬の湿原号の運行スケジュール1、2月分が発表されました。

 雪景色の中を走るSLの姿は宿の窓からも見ることができます。

まぁとにかく、冬は冬で楽しいこと盛りだくさんなので、

こんな感じで(←昨冬のKさんパターン)贅沢にゆ~っくりしていってください(^^)

 

 *******

 

さて、先週末からSL冬の湿原号の運転が始まりました!

1月は週末4日間だけの運行ですが、来月は、ほぼ毎日走ります(※)。

すでに2月は、SL目当てで道東を訪れる皆さんからの予約が入ってきていますよ~

乗たい人、見たい人、撮りたい人、この機会をお見逃しなく。

車両も老朽化しているようで、あと何年走ってくれるのかわかりませんからね…

※第1・3・4週の月~水はDLが走ります。詳しい運行状況はJR北海道HPにて

???????????????????????????????????????????????????????????????

今日、特大ポスターを手に入れてきました♪

 

18日(日)は天気が良かった!

青空の下を快走する姿を、宿の前にて撮影してきました。

???????????????????????????????????????????????????????????????

????????????????? 

?????????????????

?????????????????

風と共に巻きあがる煙。煙のにおいからも重厚感が感じられて、

写真からは全然伝わらないけど、迫力あります!!

 

こちらは同じ場所で、運行初日の17日(土)に。

???????????????????????????????????????????????????????????????

朝から雪が降っていました。雪景色に映えますね~。

雪をかき分けて走る姿は勇ましい。

 

さらに、隣駅まで足を延ばして。茅沼駅近くの踏切から。

?????????????????

釧路方面上りなので、SLは逆向き、DLが2両目です。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

どこかもの悲しさが増す夕暮れ時、味わいのある風景でした。

 

ちなみに、去年のSLに関するブログはこちら

なかまの家から見る、あんな角度、こんな角度のSLです。

 9:35 PM|コメント (0)

コッタロ湿原展望台

なかまの家から車で25分ほどのところ。

釧路湿原の展望台と言えば細岡展望台が一番おすすめですが、

こぢんまりとしたコッタロ湿原もいいですよ~

コッタロ湿原は、釧路湿原の中でも太古の面影を残しているそうです。

数日前に観に行ってきたので、真夏の風景をご紹介します。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

塘路から砂利道を5キロほど進むと、展望台の入り口に。

駐車スペースとトイレもあり。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

まず長い階段を登りますよ~

ここだけちょっと急な階段です。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

5、6分歩くと展望台に着きます。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

眼下に広がるのは、この景色!

春や秋には、タンチョウの姿を湿原の中に見つけられることも。

(夏は草木が繁っていて見えにくい)

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

駐車場への帰り道。木漏れ日の中を歩きます。

湿原から吹く風が心地良い。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

国道391号線からコッタロ湿原までの道のり(約5キロ)は砂利道です。

自転車や大型バスも通るので注意して走行してくださいね。

 

 11:23 AM|コメント (2)

今が旬の、さくらの滝

ここ2、3年の道東の人気観光スポット、さくらの滝。

一昨日には、まずはここを目指して出発した人がいたし、

今日も、ちょうど昼間に立ち寄ってきた、という人も。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

ここがさくらの滝。清里町の緑駅から数分、

800メートルほど砂利道を入ったところにあります。 

(詳しくはツーリングマップルなどを参照)

駐車場から歩いてすぐです。

 

この滝、何が特別かというと

サクラマスの遡上を目の前で見ることができるのです。

???????????????????????????????????????????????????????????????

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

こんな風に、次から次へと

滝へ飛び込んでいく雄姿を見ることが出来ます。

(ただし、シャッターのタイミングを合わせるのが難しい!)

 

遡上のシーズンは6月下旬から8月上旬まで。まさに、今です。

神の子池や裏摩周展望台などと合わせて立ち寄ってみてください。

 

 

ちなみに、さくらの滝への南側からのアクセスはこの入口から。

2本の砂利道が並んでいるのでわかりにくいです。右側のこの看板が目印。

???????????????????????????????????????????????????????????????

ここを約4キロ進むと、さくらの滝が左手に出てきます。 

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

 路面はフラットな走りやすいダートです。

 

 

 4:33 PM|コメント (5)

あやめヶ原と、花の霧多布湿原へ

北海道の原生花園はどこもかしこも、今がお花真っ盛り!

というわけで、行ってきました。

厚岸の「あやめヶ原」と、浜中にある「霧多布湿原」へ。

 

まず向かったのは、あやめヶ原。

?????????????????

五十石から車で1時間強、厚岸の市街地から

海岸沿いの123号を進んで12キロのところにあります。

 

駐車場に車を停めて、散策路を進むと・・・

こーんな景色が広がっています!

?????????????????

30万株ものヒオウギアヤメの背景には、水平線が果てしなく・・・

 

?????????????????

一番奥までは700メートルある散策路ですが、

風景を楽しみながら歩くとあっという間でした。

 

?????????????????

ここの原生花園の特徴は、アヤメの保護のために馬が放牧されていること。

(馬はアヤメを食べないので、結果、花が保護されるのだとか)

広がる海岸と花畑の中、馬がゆったりと草を食む風景は、もうそれだけで絵になります。

案の定、馬とアヤメの共演を写真におさめている人がたくさんいました。

 

?????????????????

馬放牧中のため、散策路に入るには人間用のゲートを通ります。

 

?????????????????

望む海岸線も美しい。

 

?????????????????

展望台は全部で3カ所あって、

西の展望台からは目の前に小島と大黒島が。

 

?????????????????

入口でもらったパンフレット。

原生花園内で見ることのできる野の花が説明されています。

 

ちょうど昨日、訪れた本州からのお客さんも驚いていたけれど、

あやめヶ原は散策路もきれいに整備されているし、トイレも設置されているし、

こんな立派なパンフレットももらえるのに、

駐車料や入場料は一切かかりません。無料です。ありがたし。

 

 

そして、次に向かったのは、霧多布湿原。

あやめヶ原から123号をそのまま東へ進むと、

まもなく車窓にエゾカンゾウの群生地が見えてきました!

?????????????????

まさに今が見頃です!

 

道沿いに数か所、車を停められる場所があって、

木道を散策できるようになっています。

?????????????????

木道の途中にあるベンチで語らっている人がいました。

こんな場所ですてきだなぁ。

 

 

?????????????????

エゾカンゾウと一緒に、白く綿のように見えるのはワタスゲです。

これを見ると、霧多布湿原らしい風景だなぁと思います。

 

?????????????????

内陸に入る808号沿いではワタスゲだらけ。

ふわふわと風に揺れる様は、儚くて幻想的です。

アヤメやエゾカンゾウのような鮮やかな花もいいけれど、この風景も好きだなぁ。

 

?????????????????

まだ蕾も多かったから、もう数日は楽しめそうかな?

 

 

・・・というようなお花の最新情報は、

ぜひとも霧多布湿原センターで確認を。

 ?????????????????

お花のみならず、霧多布周辺の自然情報が集まる場所です。

気さくなスタッフさんたちが案内してくれますよ~。

?????????????????

こちらはスタッフの一人、浜中のえなりかずきこと阪野さんです。

(昨日、うちからセンターを訪ねたお客さんによると「えなりくんよりかっこいいわよ!」とのこと)

なかまの家から来ました、と声をかけると特典として・・・笑顔をもらえます(笑)

 

????????????????? ?????????????????

ちなみに、センター内の売店コーナーは浜中の昆布加工品やチーズなどの特産品、

オリジナル手ぬぐいやマスキングテープ(写真右)も扱っていて充実してます。

2階にあるきりたっぷカフェも、ここならではのメニューが揃っていておすすめです!

 

 10:38 PM|コメント (2)

日本一のパイロット・フォレスト

※お知らせ※

<6月の休館日> 6月27日

<7月の休館日> 7月29、30日

休館中も電話は出られますので予約は受付けています。

直前までに予約がないと休みにしてしまう場合がありますので、予約は早めにお願いします。

 

Facebookでもリアルタイムで情報発信中です。 

  

*****

 

 標茶町から厚岸町にまたがって、

『パイロット・フォレスト』と呼ばれる森があります。

 ???????????????????????????????????????????????????????????????

いわゆる道内のあちこちで見られるカラマツ林なのですが、

その広大さと、国主導の大規模造林であることが特徴です。

 

カラマツ林の広さは、ずばり!約7000ヘクタール。 

う~ん? 大きすぎていまいちピンとこないけど、

北東の距離は50キロメートルだそうです。

???????????????????????????????????????????????????????????????

周囲の別寒辺牛湿原も含めると全体では1万ヘクタール。

まぁとにかく、日本一の広さを誇る規模なのです。

 

実は今日、このパイロットフォレスト内にある望楼(ぼうろう)に登ってきました。

残念ながら、普段は一般開放されていません。

本日18日から24日までの7日間だけ、事前申し込みのうえ見学することができるのです。

(問い合わせ先 根釧西部森林管理署 0154-41-7126)

これはまたとないチャンス!と思い、

昨日から宿泊中だったFさんを誘って行ってきました。

 

?????????????????

望楼(ぼうろう)とは、

森林の保全管理や火災監視のための施設のこと。

 

その最上階にある展望室から、360℃見渡せます。

???????????????????????????????????????????????????????????????

阿寒や斜里、羅臼、知床連山はもちろん、国後島まで見渡せるそうです。

 

しかし残念ながら今日の天気は、今にも雨が降りそうな曇り。

それでも、地平線までを埋め尽くすカラマツ林を眺めることができました。 

???????????????????????????????????????????????????????????????

新緑がきれいでした!

 

望楼の階段上がる途中にはパネルがいくつも展示してあって、

森林管理署の方が1つひとつ丁寧に説明してくれました。

???????????????????????????????????????????????????????????????

もともと、山火事により焼け跡と化していた原野だった土地。

周囲が湿地なので機械を運び入れるために、丸太を敷き詰めて道を通したそうです。

それがよく揺れるから、「浮橋」と呼ばれたとか。

 

その他、荒地での造林作業の計り知れない苦労の、ほんの一部を

写真を通して知ることができました。

昭和31年からの10年間で、のべ44万人が動員されたそうです。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

パイロット・フォレスト事業の注目度を物語る当時の新聞記事の数々。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

森林管理署の長谷川さん。標茶を愛する青年です(^^)

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

 歴代の望楼。初代は、ナラの木だったんですって。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

今日の記念にいただきました(^^)

 

パイロット・フォレストの名前は知っていましたが、

その詳細は今まであまりよく知りませんでした。

先人が築き上げた壮大な森がここにあることを

この目で確認できて良かった!

 

望楼まで見学できるのはこの1週間だけですが、

国道272号がパイロット・フォレストの中を横断していたりするので、

その一部は車道からも見ることができます。

 

パイロットフォレストについて、詳しくは北海道森林管理局のページをどうぞ。

荒地だった当時の写真なども見ることができます。

 

 10:05 PM|コメント (5)

タンチョウ見るならナカチャンベツ(中茶安別)

 

五十石から車でおよそ20分のところに、

タンチョウが集まる場所があります。

 ???????????????????????????????????????????????????????????????

中茶安別(なかちゃんべつ)のセイコーマートのある交差点の、すぐ裏の牧草地です。

100羽くらいいるでしょうか。

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

釧路の冬の象徴、タンチョウ(留鳥だから夏もいるんですけどね)。

この姿をひと目みたいからと、道東を訪れる人もけっこういますよね。

この時も、道路脇に停車して写真を撮っている人がいました。

 

 

 

帰り道で見つけた、牛横断注意の看板ですが…

???????????????????????????????????????????????????????????????

よーく見ると、この牛ぶさいく…(笑)

 

中茶安別から標茶の町へ抜けたところ。

???????????????????????????????????????????????????????????????

晴れていた昨日は、正面に摩周岳(中央の尖った山)と西別岳(その右)が

くっきり見えてきれいでした!

 

 

 ついでに。

同じく昨日、ところ変わって、シラルトロ湖から見た夕日です。

???????????????????????????????????????????????????????????????

釧路湿原の向こうへと、静かに太陽が沈んでいきます。

とても幻想的な風景でした。

 12:10 AM|コメント (2)

created by SORALINK.
当サイトはソラリンクが制作しました。

Copyright © Nakamano-ie. All Rights Reserved.