北海道標茶町にある旅人宿|なかまの家

なかまの家のロゴ

メールでのお問い合わせ

「2015 10月」一覧

旅人宿の女将が集まって、秋のちくちく会

<10・11月の予約状況>

10月/28日休館

11月/2日貸切、4日以降休館

※オフシーズン中は当日予約は受けられないことが多いです。悪しからず。

※11月4日~12月29日は休館です。11月3日(祝)まで営業します。

※年末年始の営業は12月30日からになります。

※休館中も電話予約は受け付けています。

 

・札幌から釧路まで夜行バス利用の方は、1泊3食プランできます。詳しくは→過去のブログ

 ※他の宿泊客がいる場合に限ります。お問い合わせください。

 

・道東観光情報の参考に過去のブログもどうぞ。

 →道東あちこち<グルメ>

 →道東あちこち<その他>

 

FBなかまの家ページにて、リアルタイムに情報発信中です。

 

*****

 

毎年恒例の、ちくちく会♪(→前回、春のちくちく会

手仕事好きな、道内の宿仲間の女将さんたちが集まって、

またまた楽しい時間となりました~(^▽^)

 

いつものメンバー、よっちさん@さろまにあん

ZUNさん@セキレイ舘、みかさん@ワインの国の他に、

今回は、かなさん@ニセコ旅物語も加わっていっそう賑やかに。

 ??????????

手よりも口が動いて女子トークに花が咲き…と思いきや、

前半は、皆さんけっこう真剣に黙々と作業に没頭してました。

羊毛をゴシゴシとこする全身を使っての作業ということもあって、

薪ストーブ要らないほどの熱気ムンムン!(笑)

 

??????????

翌日の午前中も作業は続きます。

革やチャックを縫い付けて、ちくちくちく・・・

 

ちなみに、ちくちく会の「ちくちく」は、縫う「ちくちく」と

それぞれの宿主へのひと夏分の「ちくちく」愚痴こぼしの

両方の意味があるとかないとか!?(笑)

 

で、できあがった作品たちがこちら!(前回の作品も一緒に写ってます)

??????????

よっちさんはプレゼント用のティーコゼー(中央)

ZUNさんはきれいなラベンダー色のルームシューズ(右)

みかさんは真っ赤なバブーシュ(左)

かなさんは、いちごミルク色のメガネケースと紫のパース(手前)

 

皆さん、またひとつ、愛着たっぷりのフェルト小物が増えましたね( ´艸`)

 

??????????

皆がちくちくしている間にじへいさん@セキレイ舘と

シップさん@さろまにあん、なかま娘でちょこっと林道ツーリング♪

こっちもこっちで楽しーー\(^o^)/

 

*****

 

すっかり秋が深まり、ここ数日の夕陽が素晴らしいです。

??????????

宿の隣の牧草地。刈り残された牧草が光り輝いて、

それはそれはとてもキレイ。

 

 10:04 AM|コメント (0)

登山レポ~冬へと近づく藻琴山へ

今朝の標茶はマイナス7度まで冷え込み、もう冬がそこまで

来ているのを実感。ならば、 歩けるうちに・・(;^ω^)

道内からのお客さんを藻琴山に案内しました、なかま母ですiconset

 

DSC05743

上のほうは紅葉も終わりかけ、少し寂しい色合いでした。

が、晴天の今日は、阿寒から知床・斜里、西別・摩周とぐるり

見渡せ、眺望を楽しんできました。

 

DSC05745

道東まではなかなか足が延ばせなかったというMさん@札幌、

初めての道東の山、そしてこのパノラマに感激していました。

 

DSC05748

眼下の屈斜路湖。

次は凍り始めた頃お邪魔しようかしら・・それまで待てるかなiconset

 5:10 PM|コメント (0)

ジャムおばさん現る

<10・11月の予約状況>

10月/17日貸切、21日貸切、28日休館

11月/2日貸切

※オフシーズンは当日予約は受けられないことが多いです。悪しからず。

※11月4日~12月29日は休館です。11月3日(祝)まで営業します。

※年末年始の営業は12月30日からになります。

※休館中も電話予約は受け付けています。

 

・お得なパス各種こんなのあります。

 Peach利用&JR移動の人には→ひがし北海道フリーパス

 バニラエア利用&JR移動の人にも→ひがし北海道フリーパス

 

・札幌から釧路まで夜行バス利用の方は、1泊3食プランできます。詳しくは→過去のブログ

 ※他の宿泊客がいる場合に限ります。お問い合わせください。

 

・道東観光情報の参考に過去のブログもどうぞ。

 →道東あちこち<グルメ>

 →道東あちこち<その他>

 

FBなかまの家ページにて、リアルタイムに情報発信中です。

 

*****

 

この数日間、宿の周りの紅葉が素晴らしくきれいでした!

 

??????????

夕陽に照らされた紅葉と、虹。母屋側の牧草地にて。

夕暮れ時の通り雨が、美しいコラボレーションを見せてくれました。

 

??????????

ほんのわずかな時間だけど、紅葉には、夕暮れ時が一番似合う気がします。

 

一方で、日に日に冷え込んできていますよ~

昨日も今日も標茶が道内最低気温で、マイナス3~5℃でした。

??????????

朝起きたら、牧草地は霜で真っ白!

白い吐息からも、「あ~またこの季節がやってきたなぁ」と実感。

 

*****

 

さて、今週の平日はお客さんがいなかったので、

せっせと仕込みに精を出しておりました。

山や林道で遊んでばかりいたわけではありません(^^;)

 

今年も、コクワを収穫しましたよー!

本州ではサルナシとも呼ばれ、キウイのような味がする野生の果実です。

我が家では、これでジャムや果実酒を作ります。

??????????

??????????

今年はコクワが豊作で、まだこんなに実が残っていました。

樹上で完熟した実は、とっても甘くて美味しい!!

見た目が茶色っぽくてしわしわなのは、完熟の証し。

 

採ってきたコクワは、ぜ~んぶ、ジャムにしました!

??????????

来夏シーズンまで朝食に登場しますから、

ぜひ野生の味を試してみてくださいね~

 

ちなみに、わが家でのジャム作り担当はなかま母です。

ちょうど箱いっぱいのリンゴも届き、

「よしっ!ジャムおばさんになるわ!」と宣言。

昨日はいちにち、コンロを休ませる暇なくせっせと仕込んでいました。

??????????

リンゴジャムは、大人にも子どもにも不動の人気ですね。

朝食に出すと一番先に無くなります。

リンゴは、長野の木漏れ日農園(なかま父母の友人なのです)から

送ってもらっています。低農薬栽培なので、皮も少しだけ一緒に煮こんで、

やさしい赤色のジャムに仕上げていますよ~(^^)

 9:54 AM||コメント (2)

登山レポ~紅葉の雄阿寒岳へ女子ツアー

平地の紅葉も進み始め、朝晩マイナスに冷え込むと行かねば山へ(^^; 

晴天の今日、女子たち募り雄阿寒岳へ行ってきました、なかま母ですiconset

 

DSC05727

登山口で、すでにこの美しさ。

朝8時前、朝霧が残る無風の湖面に、紅葉した樹々と青空が

幻想的に映し出されていました。

 

DSC05738

少し進んだところにある、太郎湖の湖畔に色鮮やかなモミジが。

 

DSC05737

8合目の手前からは、こんな風に阿寒湖が見下ろせます。

 

DSC05735

標高が上がると、登山道にも消えない雪がちらほら・・

 

DSC05732 

お喋りに花を咲かせて3時間半、頂上着。1371m。

上は風もあり長居は出来ませんでしたが、秋の山を堪能でき、

札幌からのKSさんも音更からのEYさんもウトロからのTAさんも、

大満足の一日となったようです。もち、私も(^^ゞiconset

 

おまけ;

こちらは一昨日行った武佐岳の紅葉です。雨で途中から引き返しましたが。

DSC05725DSC05722

 

 9:29 PM|コメント (0)

林道レポ~下多和林道、標津線跡

前回の林道レポに引き続き、

林道と廃線跡のコラボレーションがマイブーム!

 

・・・というわけではないのですが、

地図を見ていてずっと気になってた場所です。

??????????

下多和林道。入口まで約4キロ、本線は約2キロほど。

標茶市街地の北側から入ります。

 

??????????

ちなみに、林道入口にある二股は右へ行くと泉川林道へ抜けられます。

前に一度走ったけど、ほとんど使われてなくて廃道って感じで、

この道も面白かったです^^

 

下多和林道はところどころで、

標津線跡と交わったり、そのものだったりするんです。

??????????

左が林道。右が、廃線跡。

 

??????????

この直線部分は、まさに廃線跡!

 

??????????

で、ここで下多和線は終わり。

地図によると、線路は右の山の中へと続いていたようです。

 

廃線巡りはここまでか~・・・

とりあえず林道を直進してみるか~・・・と思ったら、

??????????

あれっ!廃線跡が、なんか走れそう!?

(持参していた最新の地形図には記されていないのに!)

一気に、好奇心がむくむくむくー!!(>▽<)

 

ぐんぐん進みます。

??????????

車のわだちもあるし、砂利が敷いてあるせいか

ササが生えてないし走りやすい。

??????????

ちょっとあやしくなってきた。

??????????

わだちが消え、シカ道だけになった。でもまだ行ける。

 

そして、6.5キロほど進んだところで・・・

??????????

ついに断念~。歩いて少し進んでみたけど、

この先しばらく低木が繁茂してました。

 

それでも、標津線跡をこんなに辿れるとは!

十分な収穫です♪

 

 

ついでに。下多和線からの帰り、

町道(舗装路)からも廃線跡を見ることができます。

??????????

放牧地の中央に、不自然に残された築堤(とその上に生えた木)は、

釧網本線から、分岐した標津線のゆるやかなカーブの名残なのです。

??????????

実際は、写真で見るよりわかりやすいです。

この廃線跡が前述の林道へとつながります。

 

 

それにしても、今日は天気も良くて、

紅葉の色づきもまさに今!って感じで、

秋の林道ツーリング楽しーーい!!\(>▽<)/

??????????

 

??????????

 

 9:23 PM|コメント (2)

冬支度したり、慌てて遊びに出かけたり

<10・11月の予約状況>

10月/17日貸切、21日貸切、28日休館

11月/2日貸切

※11月4日~12月29日は休館です。11月3日(祝)までは営業、年末の営業は12月30日からになります。

※休館中も電話予約は受け付けています。

 

・お得なパス各種こんなのあります。

 Peach利用&JR移動の人には→ひがし北海道フリーパス

 バニラエア利用&JR移動の人にも→ひがし北海道フリーパス

 

・札幌から釧路まで夜行バス利用の方は、1泊3食プランできます。詳しくは→過去のブログ

 ※他の宿泊客がいる場合に限ります。お問い合わせください。

 

・道東観光情報の参考に過去のブログもどうぞ。

 →道東あちこち<グルメ>

 →道東あちこち<その他>

 

FBなかまの家ページにて、リアルタイムに情報発信中です。

 

*****

 

道内各地で積雪があったようですが、

今朝の標茶の冷え込みは予報ほどではありませんでした。

ちょうど0℃ってところでしょうか。

 ??????????

とーってもいい天気です(^▽^)さわやかな朝!

ちょうど、このあたりの平地の紅葉もピークを迎えています。

 

??????????

紅葉にあわせたわけじゃないけど、

看板の文字を黄色に塗り直しました。

 

そうそう、先週末が今シーズン最後の連休でした。

それが終わった途端、急に予約が少なくなったので、

冬支度をしたり、シカ猟の罠をかけ始めたり、

山や林道へ(遊びにw)慌ててでかけたりしています♪

 

なので、予告なしに休館にすることもあるかもしれません。

当日予約も受けられないことが多いです。悪しからず(^▽^;)

 

 

=====

 

寒い季節は手仕事の季節♪

なかま母のフェルト作品たちが、密かにたくさん仕上がっています。

??????????

本格的に冬がきたら、今年もなかま母のワークショップやりますよ~!

希望する方は、予約時にひと言教えてくださいね。 

 9:44 AM|コメント (0)

登山レポ~秋色の西別から摩周へ

気がつけば10月。

雪が降る前に登らねばと、天気が崩れる前の昨日、

西別岳から摩周岳を往復してきました、なかま母ですiconset

 

DSC05674

がまん坂が終わった所から見える斜里岳に、うっすら

白いものが・・・早くも雪が舞ったんですね(‘;’)

 

DSC05678

西別岳頂上を過ぎ、摩周岳に向かって歩く静かな縦走路。

落ちたダケカンバの葉が足下でざわめき、ナナカマドの実も

赤く色づいて、すっかり秋も終わりかけの気配。

 

DSC05693

緑の笹原の中で色づいているのは、ウラジロハナヒリノキの紅葉。

ここまで埋め尽くしているのは、あまり他にはないようです。

 

DSC05681

静かな静かな摩周岳頂上。 857mとは思えない高度感です。

風もなく穏やかで、一人ゆっくりとランチタイム。

 

DSC05685

帰りの縦走路から見た、ススキの向こうの西別岳。

 

DSC05696

西別の登山口近くにある、見事に色づいた木。

何の木かはわかりませんが(^^;

 

DSC05697

こちらが登山口にある西別小屋。

電気と水はありませんが、無料で宿泊可能です。

 

西別登山口から摩周岳頂上まで2時間45分、帰りは2時間20分かかりました。

 

 

 10:27 AM|コメント (2)

created by SORALINK.
当サイトはソラリンクが制作しました。

Copyright © Nakamano-ie. All Rights Reserved.