北海道標茶町にある旅人宿|なかまの家

なかまの家のロゴ

メールでのお問い合わせ

DL冬の湿原号★

1月になると、目の前の釧網本線に

SL(蒸気機関車)が走ります。

道東の冬の名物、『SL冬の湿原号』です。

※詳細はコチラ→JR北海道http://www.jrkushiro.jp/fuyunorinji.html

 

毎冬のことながら、寒空に煙を吐き出しながら

進む真っ黒い列車はなかなか見ごたえがあります。

その雄姿を一目おさめようと、沿線でカメラを構える人も多数。

五十石近辺にもいくつか撮影ポイントがあるようです。

 

 

ところが、今年はSLに加えて『DL冬の湿原号』も走るのだとか!

 

E

【12月23日の北海道新聞より】

 

道内で初めてだというDL(ディーゼル機関車)は、

1~3月の平日に運行予定だそうです。

 

DLオリジナルの乗車証明書というのが気になります。

 

 

 

 

E

おまけの写真は、SL,DLの折り返し駅でもある標茶駅。

 11:24 PM|コメント (0)

厚岸漁協直売所

五十石から車で走ること40分、

厚岸の市街地に、漁協の直売所エーウロコがあります。

 

もちろん名産であるカキが

通年で各種取り揃えてあって(カキエモン、ナガエモン等)、

1個から購入して、飲食コーナーでレンジでチン!

プリップリの蒸しガキがその場で食べられるという、

カキが大好物でなくとも一度は訪れたい、スポットのひとつです。

 

そんなエーウロコですが、

毎年、この時期になると地元民のための年末セールが開催されます。

店内は年末年始の食材を買い求める人で混雑。駐車場も満車でした。

鮭が半身980円、浜中産しまえび500g 1780円、

ホッケ1枚100円(!)など、超!お買い得。

 

もしこの時期に道東を訪れるならば、ぜひエーウロコへ!

 

 E

 

 

 

ついでに、

エーウロコで買えるおすすめ商品をいくつかご紹介します。

 

E

 

E

 

酢で引き締まったサンマがたっぷり!

『さんまの甘酢 昆布漬(498円)』

数の子が入った種類もあります。そっちはたしか598円。

エーウロコのオリジナル商品です。

 

 

もうひとつは、お正月に欠かせない『昆布巻き』。

 

E

同じく厚岸町にある瀬川食品のものですが、

昆布巻きはコレじゃなきゃ!という地元民も多いはず。

鮭、紅鮭、ホタテ、たらこなど数種類。

種類によって値段は異なりますが、380円からです。

 

『さんまの甘酢漬』も『昆布巻き』も

年末でなくとも販売していますので、ご心配なく!

 

 

 

E

 

厚岸漁協直売所 A-ウロコ

http://www.a-uroko.or.jp/

 

 9:39 PM|, コメント (0)

タンチョウの来る駅

昨夜のお客さんは、

『道内1泊2日~青春18きっぷでのんびり旅~』

の途中で五十石駅に寄ってくれました。

 

 E

札幌から来てくれたMさんとTさん。

 

1日目、朝6時に札幌を出発。

滝川、新得で乗り換えて、帯広で豚丼を食べ、

釧路で釧路ラーメンを食べ、18:11に五十石駅着。

 

2日目は五十石から北上して網走、北見、遠軽、旭川などを通り、

夜の23時すぎ(!)に札幌着なのだそうです。

 

のべ5日分の普通列車乗り放題という「青春18きっぷ」があれば、

1人あたり1日2,300円なので、か~なりお得!

 

 

 E

 

2日目は、いったん塘路駅まで戻って釧路湿原を見てから

網走に向かうということで、

隣駅の茅沼駅までお見送りしました。

 

茅沼駅と言えば、「タンチョウツルの来る駅」として有名。

 

ところが、この日に限っていない…。

いないものは仕方ないかーと、

汽車の到着時刻も迫っているし、諦めかけたその時…!!

 

E 

 

飛んできましたー!

なんて絶妙なタイミング! 

ま、まさか、発着時刻を知っての、パフォーマンスなんじゃ…?

 

 

E 

 

ほんの数分の間に3ペア、6羽もやってきました。

 

 

 E

 

最後の最後で、タンチョウをしっかり見てから出発できて、

良かった、良かった♪

 

JRのんびり旅2日目、楽しんでくださいね~!

 

 

「JR 青春18きっぷ」

http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=1854

 5:04 PM|, コメント (2)

マイナス20℃の朝

おはようございます。

今朝は、今冬初めて、マイナス20℃まで冷え込みました。

外で仕事をしていると鼻の中が凍ってしまいます。

 

でも、そんな気温だからこそ見られる景色の美しいこと!

 

E

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿を囲むシラカバの樹氷~!

(しかし、手袋をはずしてカメラを構える右手が凍りそうでした…3分が限界)

 

 

E

窓に張り付いた結晶!

(窓の向こうに見えるのが宿です)

 

 

E

朝9時頃、東からやっと太陽が顔を出すと、

「太陽って、なんて暖かいんだ~!」としみじみ。

陽光があっという間に樹氷を溶かします。

 

-20℃まで冷え込むからこそ

見えるもの、感じられるものがたくさんありますね iconset

 

 11:10 AM|コメント (0)

「なかまの家」のホームページを作りました

これまで20数年、

硬派な?アナログ精神を貫いてきた「なかまの家」ですが、

このたびホームページを開設しました!

 

こちらの『宿ブログ』では、「なかまの家」の日常や

道東を訪れる時に役立つようなローカル情報をお伝えしていく予定です。

 

 HP

 10:50 PM|コメント (2)

created by SORALINK.
当サイトはソラリンクが制作しました。

Copyright © Nakamano-ie. All Rights Reserved.