北海道標茶町にある旅人宿|なかまの家

なかまの家のロゴ

メールでのお問い合わせ

「2016 7月」一覧

なかま林業の現場レポ4

前回より時間が空いてしまいました。

久しぶりの林業レポです。

 

なかま父って・・・宿ではあまり見かけないけど、

いったい普段は何してるの?と思ってる方もいるかもしれないので、

改めてご紹介しましょう。

 

なかま娘が帰ってくる4年前までは、宿の親父として

取り仕切っていた父ですが、ここ数年は『なかま林業』に専念。

春の植え付けに始まり、草刈り、間伐・・・と、

一年を通して町内の山林を渡り歩いているのです。

 

ちょうど今の季節は、草刈り中。

その現場をのぞいてきました。

 

他の作業について詳しくは過去のレポにて↓

レポ1「冬の間伐」 レポ2「植え付け」 レポ3「秋の間伐」

 

 

 

現場は数日ごとに変わります。

この日は、うちからおよそ15分、国道沿いにある斜面でした。

DSCN3227

 

なかま父の草刈り姿。

本人曰く、帆前掛けがポイントだそうです。

DSCN3207

目を閉じちゃったのはご愛敬(^_^;)

 

DSCN3205

ここの現場は、数年前になかま林業が植え付けをしたところ。

でもネズミの食害でうまく苗が育たず、今年の春に補植したんだそうです。

だから大きいカラマツと小さいカラマツが混在しています。

 

DSCN3204

草刈りの作業は、苗の生育状況をみながら数年間行うそうです。

陽がよく当たって、風が通り、まだ小さな苗たちがちゃんと育つように

 

DSCN3211

苗だけうまく避けて、ササもアザミもとにかく全部刈っていきます。

 

DSCN3217

 刈り払い機を横に縦に、自在に振りながら・・・

とにかくひたすら草刈り・・・

 

DSCN3222

エンジン音だけがあたりに響きます・・・

 

DSCN3226

ここ数年間に植え付けした現場を順に周りながら、

草刈りは、8月中頃まで毎日続きます。

 

一日の終わりのたそがれビールと、夕食時の晩酌が、

父の夏の楽しみなのです。がんばれ、なかま林業!

 12:25 PM|コメント (0)

created by SORALINK.
当サイトはソラリンクが制作しました。

Copyright © Nakamano-ie. All Rights Reserved.