北海道標茶町にある旅人宿|なかまの家

なかまの家のロゴ

メールでのお問い合わせ

「2017 9月」一覧

なかま家の様子 byなかま娘

 

DSCN5010

晴れていても空気がひんやりして、すっかり秋です。

外に出ると木漏れ日があたたく感じられて心地よいです。

 

どうも。久しぶりに、なかま娘です(^ω^)

1年ぶりに標茶に帰ってきました。数週間の帰省です。

とにかく、家の周りが色々変化していてびっくり。

 

DSCN5031

まずは何より、宿だった建物が、すっかり家となっていました。

(私が出た後に引っ越したので、話には聞いていたけど見るのは初めてでした。)

なかま工務店(父)が、1年かけてあちこちと改装していて、例えば、

玄関に雨どいを設置したり(上の写真)、FMアンテナを設置したり、

台所や階段下に収納スペースを増やしたり、

キッチンカウンターの金具がおしゃれになっていたり。

・・・な、なんで宿のときにやらなかったわけ⁉

雨の日は屋根からの水滴で濡れてしまったり、ラジオがAM限定だったり、

26年の間、お客さんには散々ご不便おかけしていました・・・ 

 

DSCN5027

フロックスの花も植えられていて、なかなかきれい。

・・・だから、なんで宿のときにやらなかったのよ!

 

DSCN5018

ちなみに、旧母屋はすっかりコウモリの住処に戻りました。

 

それから、他に変わっていたことは、羊が黒くなっていました。

DSCN5013

というのは冗談です。うちのシムは単に汚れてるだけ。

羊は白くてふわふわした生き物、というイメージとはかけ離れています(笑)

 

DSCN5025

アヒルとガチョウはいなくなっちゃったけど、名古屋コーチン夫妻は元気!

  

DSCN5008

と、まぁちょこちょこと変化はあったけれど、

暮らしそのものや、この風景は変わらないままです(^_^)

 

 

 

 

 10:35 PM|コメント (15)

created by SORALINK.
当サイトはソラリンクが制作しました。

Copyright © Nakamano-ie. All Rights Reserved.