北海道標茶町にある旅人宿|なかまの家

なかまの家のロゴ

メールでのお問い合わせ

「2016 5月」一覧

くろぶた料理

 

少し前になってしまいますが、豚の頭をいただく機会がありまして。

その貴重な食材をあれこれ料理した時の話題です。

忘備録がてら、ブログに記しておこうと思います。

後半は、やや衝撃的な写真もあるので、苦手な方は注意してくださいね。

 

豚は、と畜場から引き取られてきた、浜中町産の黒豚です。

きりたっぷ里の武士さんからいただきました。ありがとうございます!

 

??????????

顔の肉、鼻、ミミガー、くちびる、脳みその料理が並んだ食卓。

季節の山菜も添えて、豊かな食事にー\(^o^)/

まぁここまでに解体・料理するのがひと苦労でしたが、

その甲斐ある美味しでした!

 

??????????

左から、鼻、耳(ミミガー)、くちびるを茹でたもの。

酢味噌を付けて食べました。軟骨コリコリ、コラーゲンぷりぷり。

行者ニンニクにもよく合います。

 

??????????

 脳味噌のバターソテー。とろっと甘いです。

見た目も食感もまるで白子。

 

??????????

目の後ろとか、顎とか、頭からとれる小さなお肉を

味付けしてじっくり煮込んでみました。

頭のお肉はよく動かす筋肉なので、どれも程よい歯ごたえが美味。 

お料理は以上。

 

他に、頬肉もあったけど、これはいったん冷凍保存。

後日、改めてじっくり料理しよう。煮込みがいいかな~?

 ??????????

頬肉。筋肉質で美味しそう!

 

??????????

下処理した脳みそ、耳、鼻。

 

ちなみに、耳などの毛はバーナーで焼いて処理しました。

それでも時々、毛穴が舌に触ったけど(^^;)

もっといい毛の処理方法ないのかな?あれば、頭の皮も食材になったのにな~ 

思ってた以上に剛毛なんだもの。

 

??????????

脳みそを取り出しているところ。

鼻先から割るとけっこう簡単でした。

 

 ??????????

調理前の様子。正面写真の掲載は控えました。

けっこう大きいので、部位ごとに肉を解体するまでが大変でした。

下顎を外すのに一番時間かかっちゃったかな。でもいい勉強になった。

骨や皮は、もちろん、ケンの餌となりましたとさ。(ケン大喜び!)

 11:42 AM|コメント (5)

created by SORALINK.
当サイトはソラリンクが制作しました。

Copyright © Nakamano-ie. All Rights Reserved.