北海道標茶町にある旅人宿|なかまの家

なかまの家のロゴ

メールでのお問い合わせ

2017年もこっそりよろしく!

すっかり遅くなりましたが、新年のご挨拶を申しあげます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

何人かのお客さんには、通信のお礼を兼ねた賀状を頂戴いたしました。

個々にお返事は差し上げませんので、まとめて「ありがとうございました」(^_^)

 

DSC07396DSC07400

宿でなくなった「なかま家(け)」です。

何年ぶりでしょう、静かなお正月を過ごしました。

お天気も穏やか。雪は年末までに積もっていてこの通り。

 

DSC07404

今朝は-22度まで冷えましたが、この青空 。

とくれば、スノーシュー日和。

さあ、ケン、五十石展望台まで行くよ~(^^♪

 

DSC07408

五十石展望台は今年も変わらず、この絶景です。

雌阿寒岳(左)と雄阿寒岳(右)が遠望でき、手前の樹氷も朝日に輝いています。

 

DSC07415

去年に比べて、苗木が成長していると思いませんか。

何を隠そうここは植林地なので、勝手に展望台と名付けていますが、

数年後には立派な森になっていて展望は利かないかも( ;∀;) 

 

DSC07417

それを知ってか知らずか、ケンはあの遠くを眺める目で、

景色を見ていましたよ。

 

DSC07423

帰りに通るヤチボウズ群(君)も、冬眠中。

                     (母記)

 2:48 PM|コメント (2)

シカ捕れました、2016秋

 

宿はやめたけど、なかま家の日常は続いているので、

こちらのなかま日記だけは気まぐれに更新しようかと思ってます。

 

***

 

少し前、9月下旬の出来事ですが、

父の罠で、シーズン1頭目のシカが捕れました~。

いちおう猟期は10月からなので、

有害駆除の許可を使ってということになります。

 

??????????

手頃な大きさのメスジカです。

いつもの解体場所で、血抜き中。

 

??????????

「ちょっと、足、押さえててください!」と、

シカの解体に立ち会うのは2度目の、ラッキーな?常連客Nさんの手を借りて解体。

 

??????????

初めて解体を見る他の皆さんは、なんだかやけに遠巻き・・・

「もっと近づいても大丈夫ですよ~」

 

 

これはまた別の日ですが、

シカ肉を使ってご馳走を作りました。

??????????

我が家の定番シカ肉レシピ、ローストディア春巻き

う~ん、やっぱり美味しい!一切れも残さず、みんなでペロリ~♪

さて、今冬のシカ猟はどうなるかな!? 

 1:36 PM|コメント (14)

なかま林業の現場レポ4

前回より時間が空いてしまいました。

久しぶりの林業レポです。

 

なかま父って・・・宿ではあまり見かけないけど、

いったい普段は何してるの?と思ってる方もいるかもしれないので、

改めてご紹介しましょう。

 

なかま娘が帰ってくる4年前までは、宿の親父として

取り仕切っていた父ですが、ここ数年は『なかま林業』に専念。

春の植え付けに始まり、草刈り、間伐・・・と、

一年を通して町内の山林を渡り歩いているのです。

 

ちょうど今の季節は、草刈り中。

その現場をのぞいてきました。

 

他の作業について詳しくは過去のレポにて↓

レポ1「冬の間伐」 レポ2「植え付け」 レポ3「秋の間伐」

 

 

 

現場は数日ごとに変わります。

この日は、うちからおよそ15分、国道沿いにある斜面でした。

DSCN3227

 

なかま父の草刈り姿。

本人曰く、帆前掛けがポイントだそうです。

DSCN3207

目を閉じちゃったのはご愛敬(^_^;)

 

DSCN3205

ここの現場は、数年前になかま林業が植え付けをしたところ。

でもネズミの食害でうまく苗が育たず、今年の春に補植したんだそうです。

だから大きいカラマツと小さいカラマツが混在しています。

 

DSCN3204

草刈りの作業は、苗の生育状況をみながら数年間行うそうです。

陽がよく当たって、風が通り、まだ小さな苗たちがちゃんと育つように

 

DSCN3211

苗だけうまく避けて、ササもアザミもとにかく全部刈っていきます。

 

DSCN3217

 刈り払い機を横に縦に、自在に振りながら・・・

とにかくひたすら草刈り・・・

 

DSCN3222

エンジン音だけがあたりに響きます・・・

 

DSCN3226

ここ数年間に植え付けした現場を順に周りながら、

草刈りは、8月中頃まで毎日続きます。

 

一日の終わりのたそがれビールと、夕食時の晩酌が、

父の夏の楽しみなのです。がんばれ、なかま林業!

 12:25 PM|コメント (0)

くろぶた料理

 

少し前になってしまいますが、豚の頭をいただく機会がありまして。

その貴重な食材をあれこれ料理した時の話題です。

忘備録がてら、ブログに記しておこうと思います。

後半は、やや衝撃的な写真もあるので、苦手な方は注意してくださいね。

 

豚は、と畜場から引き取られてきた、浜中町産の黒豚です。

きりたっぷ里の武士さんからいただきました。ありがとうございます!

 

??????????

顔の肉、鼻、ミミガー、くちびる、脳みその料理が並んだ食卓。

季節の山菜も添えて、豊かな食事にー\(^o^)/

まぁここまでに解体・料理するのがひと苦労でしたが、

その甲斐ある美味しでした!

 

??????????

左から、鼻、耳(ミミガー)、くちびるを茹でたもの。

酢味噌を付けて食べました。軟骨コリコリ、コラーゲンぷりぷり。

行者ニンニクにもよく合います。

 

??????????

 脳味噌のバターソテー。とろっと甘いです。

見た目も食感もまるで白子。

 

??????????

目の後ろとか、顎とか、頭からとれる小さなお肉を

味付けしてじっくり煮込んでみました。

頭のお肉はよく動かす筋肉なので、どれも程よい歯ごたえが美味。 

お料理は以上。

 

他に、頬肉もあったけど、これはいったん冷凍保存。

後日、改めてじっくり料理しよう。煮込みがいいかな~?

 ??????????

頬肉。筋肉質で美味しそう!

 

??????????

下処理した脳みそ、耳、鼻。

 

ちなみに、耳などの毛はバーナーで焼いて処理しました。

それでも時々、毛穴が舌に触ったけど(^^;)

もっといい毛の処理方法ないのかな?あれば、頭の皮も食材になったのにな~ 

思ってた以上に剛毛なんだもの。

 

??????????

脳みそを取り出しているところ。

鼻先から割るとけっこう簡単でした。

 

 ??????????

調理前の様子。正面写真の掲載は控えました。

けっこう大きいので、部位ごとに肉を解体するまでが大変でした。

下顎を外すのに一番時間かかっちゃったかな。でもいい勉強になった。

骨や皮は、もちろん、ケンの餌となりましたとさ。(ケン大喜び!)

 11:42 AM|コメント (5)

シラカバの皮細工

家の周りに生えてるシラカバの樹皮を編んで、

かわいい雑貨ができましたー(^◇^)

?????????? 

 

 

パコン、パコンと薪割りしながら(シラカバは割れやすい)、

「この樹皮きれいだよなー・・・燃やすだけじゃもったいないなー」と

ぼんやり考えたのが昨春のこと。

前後して、シラカバ細工を目にする機会があり、「これだ!」と。

 

皮の採取についてすぐにいろいろ調べてみると、

木が水分を吸い上げる6月頃に、立木から採ることを知りました。

?????????????????

たしかに。薪用の丸太から皮を剥いでみたけど、

全然きれいに剥がれません。(上の写真)

 

結局、電線に引っかかりそうになって、

枝を払わなきゃならないシラカバがあったので、それから皮を採ることに。

伐られたばかりのしっとり湿った木は、丸太とは違って

とても簡単に皮を剥くことができました。なるほど~こういうことか。

 

・・・で、春は忙しいので、採った樹皮は乾燥がてらそのまま放置。

 

 

そして手仕事シーズンである冬に、いろいろ試しに作ってみました。

樹皮の表面をきれいに削いでから、5ミリ~1センチ幅にカット。

DSCN2220

幹じゃなくて枝から採った皮なので、面積は小さいし、節が多かったけど、

小物を作るには十分でした。カットした樹皮は、油を塗ってから編みます。

 

編み方は、本やネットで調べて、見よう見まね。

DSCN2223

 

DSCN2224

白い方が樹皮の外側。茶色い方が内側。

このコントラストがシラカバならではかな。

 

DSCN2266

秋田のイタヤ馬を、シラカバで作ってみた。(右)

 

DSCN2230

シラカバの三角ビーズと、シム(羊)の毛をニードルで丸めたものと、

なかま父が作ってあったシカ角のパーツ(一番下)を

紐でつないでみたら・・・いい感じ(*^▽^*)!!

 

DSCN2326

気に入ったので、同じものを数本作って、飾ることにしました。

 

DSCN2316

一番下のシカ角パーツは色も形もいろいろ。

 

DSCN2314

窓辺に飾ってもかわいい~( ´艸`)

 

次に樹皮を手に入れる機会があったら、カゴなどの道具になるものも編んでみたいな~。

(そのためには、樹皮の処理の仕方にもうちょっと勉強が必要そうですが)

でもまぁとにかく、家の周りのものを利用して暮らしに生かす術を、

またひとつ見つけることができて、満足、満足♪

 5:03 PM|コメント (4)

シカ肉レシピvol.22 鹿肉(前あし)ときのこのカレー

自分たちで獲ったエゾシカをいかに美味しくいただくか、というのも我が家のテーマです。

日々、色々と調理していますが、忘備録も兼ねてこのブログに記していくことにします。

※レシピバックナンバーはコチラ→http://www.nakamano-ie.com/nakamablog/recipe

※エゾシカわな猟についてのブログはコチラ→http://www.nakamano-ie.com/nakamablog/shika

 

 

●●シカ肉レシピvol.22 鹿肉(前あし)ときのこのカレー●●

 

定番の、カレーです。キノコと合わせて目先を変えてみました。

過去に作ったハッシュドエゾシカのレシピも参考にしつつ。

??????????

材料(12人分)※量は肉のgに合わせました

シカ肉 約600g

玉ねぎ 3個 人参 1本半 しめじ 2袋 マイタケ 2袋

バター 適量 カレールウ(またはカレー粉) 適量

 

①シカ肉を薄切りにして、下茹でする。

 アクを取り除き、さっと水洗い。

②薄切りにした玉ねぎをバターで飴色になるまで炒める。

 人参は乱切りにする。

③お鍋に①と②と水を入れて、柔らかくなるまで煮る。

④しめじとマイタケを入れ、ルウやカレー粉で味付け、さらに煮込む。

 

??????????

昨年10月に捕ったメスの前あし肉。これで約550g。

前あし(カタ肉)は、赤味が多く、スジっぽくて硬いので、

煮込み料理に適しているのです。

 

??????????

半解凍の状態で薄切りにしました。

 

??????????

ま、予想通り、美味しいです。薄切りにしてるし、食べやすい。

ただし、シカ肉を味わうには物足りないです。 

せめて肉の茹で汁を漉して使った方がよかったかな?

 

 10:18 AM|コメント (0)

ヤマグワ de 山のお菓子

今年は、ヤマグワがとっても豊作でした。

こんなに収穫できたのは初めて!

ほんのり甘くて、ぷちぷちとした食感です。

P1000771

8月から9月にかけて、隙あらばヤマグワの木の枝を見上げて、

毎日まいにち、熟した実だけを摘みとっていました。

一日に採れる量はわずかですが、それでも少しずつ冷凍庫に入れていたら、

気が付くと大きなタッパーがいっぱいになっていました。嬉しい(^v^)

 

というわけで、貴重なヤマグワを贅沢に使って、

色々とお菓子を作ってみたのがこちら。

 

??????????

クラフティ(冷たい焼きプリンみたいなお菓子)。

酸味もほしいので、ブルーベリーも一緒に。

 

??????????

ベイクドチーズケーキ。生地にたっぷり入れて。

 

そのままで、プリンやババロアの飾りにも。

DSC05433

??????????

??????????

杏仁豆腐に浮かべたら、

「虫みたい…」と言ってるお客さんもいましたが(^^;)

表面に生えてる毛(みたいの)がそれっぽく見えるって!?

 

一番最近に作ったのは、レアチーズケーキ。

??????????

ヤマグワの深い赤紫色がゴージャスな感じです!

ソースをゼリーにして、うまく層になりました。

??????????

生地の中にもヤマグワ入り。

ぷちぷち食感が楽しい♪

 

まだあと3分の1くらい残ってます。

次は何を作ろうかなぁ~?♪♪

 10:20 PM|コメント (6)

今シーズン1頭目、シカ獲れました!

爽やかな秋晴れの日曜日に、

今年もまた、豊かな恵みをいただくことができました。

 

標茶では10月1日から猟期が始まっています。

なかま父が数日前から仕掛けていた罠に

若いオスがかかりました。

??????????

牧草地の端っこに、その姿が確認できました。

写真で見るよりも実際はけっこう近いです。

 

ちょっと拡大。

赤丸の中に、罠から逃げようともがくシカがいます。

??????????

 

??????????

軽トラで、獲物に接近中のなかま父。

※牧草地の持ち主の農家さんには、事前に許可をもらっています。

 

まず、角にロープをかけて、身動きがとれないように固定します。

暴れまわるシカの角や蹄はとても危険なので、一番緊張する作業です。

??????????

そしてハンマーで後頭部を打撃。

躊躇したら苦しめるだけなので、的確に、手早く。

失神させて、軽トラで運び出します。

 

??????????

木に吊るして、血抜きしているところ。

喉元の動脈を切り裂いて、一気に放血します。

失神したままのシカはほとんど暴れません。

 

ここからはスピード作業。

??????????

手早く内臓を取り出して、皮を剥ぎます。

 

??????????

部位ごとに分けたら、このまま数日放置。

熟成させた方が美味しくなるんです。

 

??????????

最後に残った背骨は、数週間分の犬の餌になりますよ~。

ケンも大喜び!

 

罠は引き続き設置中。

今冬も数頭、いただきたいと思ってます。

 

 

※よくお客さんに聞かれるのですが、宿の食事では鹿肉は提供していません。

あくまで自家用です。宿で食材として使用するには、また別の許可が必要なのです。

 

 

 11:16 PM|コメント (0)

あわや母屋つぶれるとこでした

先週のことになりますが、

道東にしては珍しく台風が急接近。(冬の吹雪はよくあるけれど)

一日中強風が吹き荒れて、それはひどい天候でした。

 

大量の枝が落ち、動物小屋の屋根ははがれ、ハウスのビニールも破れ…

でも、もっとも危うかったのが、母屋でした。

 

??????????

いつも風上で守ってくれている防風林のカラマツが、強風に耐えきれず倒壊。

ビシビシッ!と生木の割れる音が怖かった・・・! 

 

見て分かる通り、ボロさが自慢の母屋。

もし直撃したら・・・?想像に難くありません。

 

しかし幸いなことに、カラマツが倒れたのは物置と母屋の隙間でした。

(↓写真)左が母屋、右の建物が物置。中央で直撃したのは、

バイク用の小さなビニールハウスのみ。

??????????

もう、これ以上ないってくらい、最小限の被害で済む方向に倒れてくれました。

左にずれていたら母屋に、

右にずれていたら父が昨年、新築したばかりの物置小屋に直撃でした。

 

2度の大きな地震も何てことなく耐えているこの母屋。

またしても伝説が増えました。

ボロいけど、その分、強力な運があるんだと思います。 

 

??????????

倒木は翌日、なかま父が片づけました。

 

??????????

倒れはしなかったものの亀裂が入ってしまったもう1本も伐り倒し、

2本分の薪ができました(^v^) 

 

??????????

台風一過の翌日の風景。

母屋の裏のカラマツ林、ほんの少し寂しくなっちゃった。

 10:23 AM|コメント (2)

薪しごと2015春

薪仕事がようやく終わりました。

まぁ去年よりは早く片付いたかな。

 

用意しなきゃならない薪は、宿と母屋、2軒分です。

薪ストーブの大きさに合わせて、

宿用の薪は55センチ。母屋用は35センチ。

30~40センチが一般的な長さらしいので、55センチはかなり長い。

 

ここ数年は、なかま父となかま娘で手分けしてやってたけど、

今年はなかま林業が忙しくて、なかま娘の細腕(!?)にその重責が。

でもまぁ、文句言いつつ頑張りました。

そして、今日はつい先ほど手に入れたばかりのこの達成感を

披露したいがためのブログです(笑)

 

*****

 

まずは、宿用の薪から。

 

最初に手を付けたのは、昨年大量に手に入ったカラマツとトドマツの「追い上げ」。

※追い上げ材~伐採した木を規定の長さに揃える時に生じる端材で、根に近い部分。

???????????????????????????????????????????????????????????????

一見すると「太くていい丸太ねー♪」って感じだけど、とーんでもない!

カラマツの追い上げなんて、何度斧を振り上げても割れないよー(T_T)

特にカラマツの根元はねじれているので、ものすごーく割りにくいのです!

 

しかも、宿用なので55センチ。

私にはとても無理でした。(経験も筋肉も足りません。)

というわけで、割るのは父、運んで積むのは私、と分担することに。

???????????????????????????????????????????????????????????????

一輪車でせっせと運んで、宿の裏へ。

生木なので、1本を片手で持つだけでもけっこう重い。。

???????????????????????????????????????????????????????????????

長さを揃えた時に出る端材。これなら簡単に割れます。

短い薪だけ集めて、これはこれで、クズ薪用の小屋へ。

↑ていうか、この丸太の径みてください。

この太さの55センチを割るって、やっぱ父ちゃんすごいよ・・・

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

あとは、カラマツ以外の細めの薪を割って(それなら私もできる)、

去年の残りを積み直して、宿分は完了!

薪小屋2つ分で、約1.5冬分です。

 

そうそう、積み替えしている時に面白いものを見つけました。

 

・・・ん!? なんか、くっついてる?

???????????????????????????????????????????????????????????????

???????????????????????????????????????????????????????????????

コウモリでした!

コテングコウモリという名前の種類のようです。

寝てるとこ起こしちゃった。そうっと、別の薪の隙間に戻しておきました。

 

それから、もうひとつはこれ。

???????????????????????????????????????????????????????????????

右の黒いとこ、ただのフシかと思いきや・・・

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

まつぼっくり(球果)が埋め込まれてる!?

これはかなり珍しいので、薪にはしません。飾っておこう。

 

 

さて、宿の方が終わったら、次は母屋分。

こっちは、ほぼ一人でやりきりました。 

???????????????????????????????????????????????????????????????

細いのは、チェーンソーでひたすら伐って伐って・・・(手間かかるー)

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

ある朝、「さぁ今日も頑張るぞ!」って扉を開けたらこのあり様・・・

そのショックたるや・・・(黙ってそのまま扉を閉めようかと思いましたわ)

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

さぁ積みなおーし! 小技を使って安定させました。

細い薪はね、ただ同じ方向に積むだけでは弱いんです。

(自慢じゃないけど、積むのはパズルみたいでおもしろいから得意♪

自分の名誉のために記しておきますが、上の崩れたところは、父が積んだとこ!笑)

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

こんなのはなかなか割れませーん!

 

うまく木目を読んで、フシの間にスパーン!と斧が入った時の喜びたるや。

けれど、こんなふうに複雑にからみあっている場合はとても難しい。

なので、チェーンソーで細かく切っちゃいます。

「このやろー!文明の利器をみたか!」という気分になる(笑)

 

???????????????????????????????????????????????????????????????

そうやって細切れにしたものも含め、

35センチに満たないクズ薪は、全部まとめて小屋の中へ~。

これはこれで、昼間に燃やす薪として使います。

 

こんな感じで、今春の薪仕事も無事完了!

??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

ビフォー(上)とアフターの写真を見比べては、ニヤニヤ。

きれいに積まれた薪小屋の周りを何週も歩いては、ニヤニヤ。

そして薪をくべる時にまた、ニヤニヤ(しちゃうと思うw)。

 

ともあれ、これで次の冬の暖房が確保されたし、

薪と共に経験も積めたし、めでたし、めでたし!v(^_^)v

 11:23 PM|コメント (2)

created by SORALINK.
当サイトはソラリンクが制作しました。

Copyright © Nakamano-ie. All Rights Reserved.