北海道標茶町にある旅人宿|なかまの家

なかまの家のロゴ

メールでのお問い合わせ

myルームシューズ

 

自分用のルームシューズを作りました。

ウール100%はさすがです。これひとつあれば、厳冬期だって快適、快適♪

 

 

E

 

ただし、ちょちょいと簡単にはできません。

完成まで、なんと8時間(!)もかかりました。

 

 

E

まず、羊毛の色を選び、分量を量ります。

型に羊毛をちぎりながらのせ(ここまで1時間半)、

石けん水をかけながらひたすら擦り続けることさらに1時間(上の写真)。

 

E

切り込みを入れて型を出したところ。

ふわふわだった羊毛の繊維が絡み合って、布の状態になってきました~!

でも、まだまだサイズがバカでかい。

これをもっともっと擦って、収縮させていきます。

そうすることで、丈夫で分厚いルームシューズになるのです。

 

E

腰を入れてひたすら力を込める! 2時間くらい。けっこうしんどい。

この時はお友達と一緒に作りました。もちろん、指導はなかま母。

 

フェルトの部分ができたら、1日目は終了。

一晩、薪ストーブの横で乾かしました。

 

そして翌日。

底の革を縫い付けたり、今度はニードルフェルトで模様を入れたりの作業。

なんだかんだ、3時間はかかりました。

 

E

で、完成したのがこれです!

下のビニールが型なんです。どれだけ収縮したかがわかるでしょ。

 

E

ポイントは、革の取っ手かな。ここに指をかけて履きやすく♪

ぐるぐる模様はその場の閃き。

 

E

ちなみに、こっちはお友達の。

つま先とかかとで色を変えててかわいい。

 

E

時間をかけて作った道具ほど愛おしい。

修理しながら、ボロボロになるまで履き倒そうと思います!

 

 10:33 PM|コメント (5)

コメント 5件

  1. レティシア書房の女房 on said:
    ルームシューズ!おつかれさまでした。3年前なかまの家で、なかま母さんのルームシューズを購入し、履いて履いて、この冬まっぷたつに割れました。んで、4〜5日前からテレビ見ながら、ニードルでしこしこ直しています。あったかい!!大事にしますね。
    • nakama on said:
      >レティシア書房の女房さん
      修理までして大事に履いてくださってありがとうございます!
      かなり履き続けると、やはり3年くらいのようですね。
      私のルームシューズは、長い北海道の冬で3年もつかなぁ。
      それにしても、真っ二つって、どこから割れたのでしょう?前後に? 
      • レティシア書房の女房 on said:
        歩いていたら、なんだか少し足の裏が冷たい感じがしてました。が、生来の無精者ゆえ、そのまままた履き続けていましたところ、裏の真ん中あたりから、割れました。裏に貼ってある皮のせいでいまいちよく見えなかったのですね。もう少し早く手当してればよかったのに。手元にある羊毛をうすくのばして、ニードルで直しています。一から作るのはキツイけど、これくらいならけっこう楽しい。なかま母さんによろしくお伝えください。
  2. 休坂ますだ on said:
    製作ご苦労さまです。もし販売するとしても、製作過程をちゃーんと見せて「こんなに手間がかかったんだぞ、大事にはけよ」という(言わなくても)ニュアンスを示して買ってもらいたいものですね。欲しいけど作りたくない!?
    • nakama on said:
      >ますださん
      私はもう、自分用のひとつを作るだけで十分です…
      なまか母よくやるわ~と改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

created by SORALINK.
当サイトはソラリンクが制作しました。

Copyright © Nakamano-ie. All Rights Reserved.