北海道標茶町にある旅人宿|なかまの家

なかまの家のロゴ

メールでのお問い合わせ

家を作る。20

便槽を埋めてもらったら、次は下屋の基礎作りです。

気温が低くなるとコンクリートが固まりにくくなるので、急ぎます。

もう週末まで待っていられないので、平日に作業しました。

 

Untitled-17 

型枠は、事前に作っておき、オートレベルを使って水平になるように設置。

ユンボで便槽を埋設する際に一緒に埋めてもらいました。

 

Untitled-16

深さ1メートル以上。古い水道管や鉄棒を補強のため数本入れました。

 

大さんと二人で、ひたすらコンクリを練る、流す。練る、流す。

子守は母にお願いして、2人で集中して作業できるのはこの日だけだったので、必死です。

ほとんど無駄口なし。黙々と砂利と砂を運び、練りました。

コンクリートミキサー、フル稼働。

 

Untitled-15

土台につなぐアンカーも埋め込みました。

 

Untitled-18

日が傾いた頃、なんとか終了!間に合って良かった~、と安堵。

片付けがお合わる頃、外はもう真っ暗でした。

 

 

で、後日。

 

Untitled-19

型枠をはずして、基礎完成。

下屋の作業の続きは、来春です。

 

 1:05 AM|コメント (1)

家を作る。19

 

本格的に冬が来る前に、基礎部分だけはせめて終わらせたくて、必死です。

四苦八苦しながら建材と道具を揃えて、ようやく作業開始。

 

基礎の外側に、防水シート(アスファルトフェルト)とラス網を張りました。

基礎と言っても、中は地面と床の間の空間があるだけ。

外壁で覆うのではなく、こういう形にしてみました。

モルタルを塗るので、見た目はコンクリの基礎みたいになるのかも。

 

フェルトは、釧路の建材屋さんで直接購入。ラス網はネット通販で。

タッカーは中古工具の店で見つけたもの。

 

IMG_4680

 

真っ黒な防水紙。アスファルトを浸み込ませてあるらしい。

柱の下に掘ったコンクリの基礎が、所々外側に出っ張っていて、

しかも石も使用してて色んな形をしているので、その分手間がかかります。

仮留めしながらカットしていく。換気口の穴も開ける。

 

IMG_4745 

モルタルを重ねるためのラス網。タッカーでバシバシ打って貼り付けていく。

これも、ニッパーでパチパチとカットして形を整えながら。

 

IMG_4794

 

換気口も取り付けた。

 

これまではバールで「壊す」、あるいは「直す」作業だったけど、ようやく「作る」作業になってきた。

金づちやタッカーを使って手を動かすのは、単純に楽しい。

 

 

 

それから、お願いしていた水道工事も入りました。

父がこの家や宿を直した頃からお世話になっている、三浦ポンプさん。

止水栓の移設、便槽の埋設、排水管の設置を一日あまりでビシッと仕上げてくれました。

 

IMG_4787

 

迫力ある重機に夢中の子どもたち。

便槽を埋めるための穴の深さは2メートル近く。

 

IMG_4784

 

この先たぶん二度とお目にかかれない、便槽。想像してたより大きい!

1100リットルサイズ。家族4人、年に2回ほどの汲み取り回数でいけるはず。

この便槽を見つけるのに少し時間がかかったそう。

そっか、今どき、汲み取り式トイレを新設する家なんてないよねー。

 

 

IMG_4795

 

排水管は自分たちでやることも考えていたけど、どうせ掘るならとあわせてお願いしちゃいました。

ここに、下屋(トイレとお風呂)ができる予定です。

 

 

この日、私はウロウロする子どもたちを見守ることに専念して、一緒に工事を見学していたのですが、

プロの仕事ぶりに惚れ惚れしてしまいました。

技術があって、段取りできてて、道具も揃ってるって、なんて素晴らしい!

阿吽の呼吸で、無駄なく動く職人たちの仕事ぶりは見事でした。

ここまでわずかながらも自分でやってみたからこそ、そのすごさがより鮮明に見えたんだと思います。

 

埋設する時は砂で埋めるとか、排水の勾配具合とか、水平の出し方とか、

本で読んで知っていただけの技が目の前で繰り広げられて、いちいち感動してました。 

 

 家づくりを始める前に話を聞きに行った先輩から、

「特に専門的なところはプロに頼んだ方がいい。自分でやるより数倍早いのはもちろん、

失敗してやり直すことがないし、材料も無駄にならないし、結果的に安い」という

アドバイスをもらっていたけど、それも実感。

色んな人の力を借りながら、家づくりは続きます。 

 

 1:29 AM|コメント (6)

家を作る。18

 

10月に入ってからの作業は、思うように進まない。

 

いちいち、手間取ってます。

どのやり方で施工をするかあちこち調べて決めて、それにはどの建築資材がどれくらい必要か、

何の道具が足りないのか、それらはどこで買えるのか、ホームセンターがいいかネットが安いか。

ホームセンターにあると思って買いに行ったら、なくて探し直したり。

いやまてよ、手もとにある材料を再利用できないかと考えて、

そしたら施工方法を変えなきゃならないよねってことになったり。

 

調べれば調べるほど、やり方も人それぞれで、迷うばかり。

 

工務店に依頼する場合、この勉強する時間も買ってるってことなのか。

それがよーくわかりました。

 

 

IMG_4342

 

棟梁が帰ってから、まずは地面を均しました。

余分な土を運び出し、平らになるよう踏み均します。

 

IMG_4341

 

大さん(夫)が即席で作った道具。

これをドスンドスンと落として平らに。

 

IMG_4471

 

 土間にするスペースはさらに土を掘り下げて、砂利を敷きました。

一輪車とスコップで行ったり来たり。体力仕事です。

 

 

止水栓の移設や水道管設置を、地元の水道屋さんに依頼しました。

ついでに便槽の埋設も。来月には工事が入る予定。

 

 11:11 PM|コメント (0)

家を作る。17

棟梁がいる間に、何本か柱を追加したのですが、

1本は丸太を入れました。

拾ってきたクルミの木です。直径20㎝くらい。

 

IMG_4127

 

皮を剝いで、棟梁に刻んでもらいました。

 

 

IMG_4146

 

生木だったので、割りも入れます。

割れることを想定して、予め切り込みを入れておくんだそうです。

 

 

IMG_4144

 

伐り捨てられていた木が、柱になった!

ここは居間と寝室の間になる予定。

この柱がいったいどんな雰囲気になるのか楽しみです。

 

 

 

 9:57 PM|コメント (0)

家を作る。16

 

そういえば、この家の築年数を知ることができました。

天井を剥がして出てきた棟札。

 

IMG_4225

 

 

はずしてみると、裏にちゃんと日付が記してありました。

 

 

じゃじゃん!

『昭和二十九年四月二十六日』

 

IMG_4223

 

昭和29年てことは・・・築68年。

 

思ったより、古くなかったです。

築80年くらいかな~と想像していたので。

 

というのも、37年前になかま父が改築した時には、

天井は一部落ちて、床も抜けて草が生え、ひどいあり様だったと聞いていました。

「あれで、築30年だったってことか?もっと古そうに見えたよな~」と父。

 

もちろん、棟札はちゃんと戻しておくつもりです。

 

 1:52 AM|コメント (0)

家を作る。15

 

ブログの更新が追いついていません。

あれから、棟梁は基礎と土台を仕上げ、筋交いを入れ、

ロフト部分の下地材などを作り、先週帰っていきました。

IMG_4265

 

春から解体しながらも「この廃屋を自分たちで改築なんて本当にできるのか⁉」と

不安が大きかったけど、棟梁が作業を進めてくれたことで、俄然楽しみになってきました。

土台が入ると、急に家らしくなったような気がして

「これはいけるんじゃない⁉ 棟梁の仕事を無駄にしないためにも、やり切るしかない!」というのが

今の心境です。

とは言え、この先、決めなければならないこと、調べなくてはならないことが盛りだくさん。

やることがありすぎて、時々頭がフリーズしてしまうけど、とにかく1つひとつやってくしかない。

 

 

記録として、ここ1か月の作業工程をもう少し詳しく記しておきます。

 

IMG_4129

 

ジャッキアップして、水平を測り、ポストで突っ張る。

(パイプサポートのことを「ポスト」って呼んでた。なんでだろ?)

標茶の元大工Aさんが貸してくれました。ありがたい。

 

IMG_4023

 

柱の真下を掘る。深さは約1メートル。

コンクリを流し込むので、なるべく縦に細長く。

これがけっこう大変。(私やってないけど。夫が頑張りました)

 

穴の中に砂利を入れて、コンクリを流し込んで一晩放置。

柱の腐っている下部分は切って継ぐ。

土台の材を入れる(これは新しく購入)。防腐剤を塗っておく。

束を入れる。

 

 

 IMG_4166

 

柱の下に一箇所ずつ、コンクリートを流し込むための枠を作る。

枠には、剥がした床の合板を利用。

この時にアンカーも設置。

 

 

IMG_4167

 

コンクリートを流し込む。

かたまったら、ポストをはずし、枠も撤去。

 

 

IMG_4168

 

 

こんな感じの基礎になりました。

上の写真は、右に下屋が続く予定なので、今はアンカー出たまま。

 

 

 IMG_4120

 

ちなみに、コンクリートミキサーは購入しました。

この先、土間も作るし、これは買うべき道具と判断。

実際、かなり役立ちました。ぜんぶ手で練っていたらとっても大変。

 

 

 11:31 PM|コメント (2)

家を作る。14

久々の更新になりました。

8月は子供の夏休みもあって作業は中断してましたが、

9月から再開しています。

 

ここにきて、最強の助っ人の登場です。

義父が遠く四国から、軽トラに大工道具を積んで来てくれました。

そう、義父は大工なのです!こんなに心強い存在はありません。

実は去年、一度この廃屋を見てもらっていて、基礎工事はお願いする手筈になっていました。

 

というわけで、9月に入ってからの2週間で、作業が一気に進んでいます。

 

IMG_4017

 

まずは、残っていた床の材やら、壁板の下部分を一気に剝がしてました。

「えっこんなに外しちゃっていいんだ⁉」ってくらい。

その辺の匙加減が、やはり素人では全くわからない。。

 

 

IMG_4023 

 

梁をジャッキで水平になるまで上げて、

柱の真下を掘り、コンクリートを入れ、金具で支えて持ち上げます。

「とにかく、水平にしなきゃいかん。

水平にしないことには帰ってからも夢に出てくる気がする」と、棟梁(義父)。

 

 

IMG_4043

 

コンクリをその都度練る。力仕事です。

砂利と砂は、町内の業者さんから購入。

 

 

IMG_4085

 

柱をすべて支えたら、水平を保ったまま土台を入れていきます。

「ようやく大工の仕事じゃわ」と棟梁。

 

とはいえ、棟梁は四国生まれの四国育ち。

「寒いところで仕事したことないけん。

地面が凍って持ち上がるっちゅうんがようわからん」。

 そもそもこんな古い家を直すということ自体、何かと手探り状態です。

 

 IMG_4050

 

腐ってた柱は、継いでいきます。

 

 

IMG_4091

 

外から見ると、こんな感じ。

一番下がっていた箇所で、約17㎝持ち上がりました。

 

 

IMG_4048

 

資材を搬入しやすいように、勝手口付近は取り払われました。

 

 

IMG_4049

 

5歳の息子は興味津々で、作業現場を離れません。

 

ずっと昔にじーちゃんが直して、お母さんが育って、

それをお父さんとお母さんがもう一人のじーちゃんに手伝ってもらいながら

もう一回直した家なんだよって、子どもたちに話し聞かせながら住めたらいいなぁ~

 

棟梁は今月いっぱい仕事してくれる予定です。

あと半月で、どこまで進むでしょうか⁉

 11:14 PM|コメント (2)

家を作る。13

 

すべての床の断熱材やらを剥がし、ついに土台が明らかになりました。

が、ほとんど土に埋まってます。

いや、はたして土なのか、腐った木なのか、朽ちた断熱材も混ざってる。

 

IMG_3697

 

とにかく、その土(のようなもの)をシャベルで堀り、

土台を探してみると・・・

 

IMG_3692

 

ない。

そう、土台が腐っていて、ない。

柱が載っていたはずのコンクリや石が出てくるけど、もはや柱と接していません。

3メートルほど掘ってみたけど、壁が浮いている状態になって、壁の向こう側(外)が見えてしまった。

 

IMG_3695

 

ここも。柱の真下に何もない。

 

移植ゴテに持ち替えて恐る恐る掘っていたけど、

このまま地面との接地面を無くしていったらまずいと思い、止めました。

 

さて、どうしようか。

 

 

 

この週末は、宿のお客さんだったライダーNさん@茨城が、

ふらりと立ち寄ってくれました。

「ブログ見たよー。様子見に来た」とのことで、

予想以上にブログの読者が多いことに、またしてもドキドキ。

あの、皆さん、ブログに書いてて何ですけど、期待に応えられるかどうか、

ほんと、わかりませんから(急に弱気)

 

「来年また、どうなってるか見に来るから~」とのNさんの帰り際の言葉に、

はたして1年後はどうなっているのか想像してみたけど、自分でも全くわかりません。

 

 

 12:48 AM|コメント (2)

家を作る。12

 

 

床の部材を外し、グラスウールを取り除き、

防湿シートと板を剥がして・・・

ようやく、地面が見えてきました。

 

IMG_3652

 まだ奥の方が一部残ってるけど。

 

IMG_3659

土台と地面の間にすでに隙間がない。。

そりゃ腐るよね。

 

IMG_3660

ここは腐って折れている。

 

そうかー。だから床があんなに傾いていたんだ。

この部屋で寝ていた父が寝ている間に転がって、

いつも壁際で布団にくるまっていたのは、このせいかー(笑)

 

 

そして、この週末は助っ人が現れました。

隣町に住むKさん。自分で家を建てた経験を持つ大先輩です。

「どう?」と、工具持参でやってきて、3時間ほど黙々と釘抜きをしてくれました。

一緒に作業する人がいると、こちらのモチベーションも上がります。

全部きれいに釘を抜いてくれて、「じゃまたね」と颯爽と軽トラで帰っていく後ろ姿がかっこ良かった。

ありがとうございました~!

 12:19 AM|コメント (4)

家を作る。11

 

床を剥がし始めました。

分厚い合板を1枚いちまい剥がすのは、けっこう力のいる作業です。

釘はさび付いててなかなか抜けないし。

バールを2本使って四苦八苦。

 

IMG_3640

 

グラスウールだらけの室内になりました。

 

 

IMG_3641

 

居間の真ん中に設えてある穴は、父が掘りごたつを作ろうとしたらしい。

干からびたネズミが数匹落ちてた。いったいいつのミイラだろう?

このコンクリも剥がさなきゃなー

 12:35 AM|コメント (2)
Copyright © Nakamano-ie. All Rights Reserved.