北海道標茶町にある旅人宿|なかまの家

なかまの家のロゴ

メールでのお問い合わせ

オリジナルお飾り

お飾りはいつも、家の周りにある材料を使って作ります。

いつの頃からか、担当は私でした。

 

年末が近づくと、裏山や牧草地を散歩しながら目を光らせます。

 …あそこにあるコクワの蔓は使えそうだな…

 …立ち枯れたヨモギを今年は使ってみようか…

 …ヤチボウズの葉を束ねたらどうだろう…

 

少しずつ持ち帰った材料を薪ストーブの前に広げれば、

あとはインスピレーションが湧くままに手を動かすだけ。

仕上げに折り紙や羊毛を足して、できあがり。

 

 

今年のお飾りは、とてもシンプルに。

 

E

 

E

 

材料は、青々としたトドマツの枝とツルウメモドキ。

ツルウメモドキの実がとても立派だったので、余計な飾り付けはなし。

蔓のグネグネとした動きが、今年の干支である”巳”をイメージしています(後付けデスiconset)。

折り紙には「謹賀新年」の筆文字を。

 

E

同じ材料で、サードハウス(と呼んでいる父の小屋)用に作った小さなお飾り。

ロープの端っこが、しめ縄っぽいでしょ。

 

E

ちなみに、どちらも枝を縛っているのは、イラクサの茎(繊維)。

繊維を細く割いて、指でよったものを糸として使っています。

塘路サルンパの諏訪さん(いずれ、ブログで紹介しまーす)に教わったもの。

アイヌの人たちの知恵だそうです。

  

 

 

そうそう、今年はなかま父も閃いたみたいで、

自宅の前にはこんなものも!

 

E

 

同じくトドマツとツルウメモドキに

その辺のササと、標茶の斎藤生花で買ったハボタン。

そして中央の”竹”は、なんと、絨毯の芯!

 

昨年11月に宿の客室の絨毯を張り替えたときに知ったのですが、

新品の絨毯の芯には、長い竹が1本入ってるんですね。

(竹を軸にして、くるくると丸まっているわけです。)

「これはなかなか手に入らない素材! 何かに使えるかも!?」と、

平田家具店にお願いして置いてってもらってました。

まさか正月飾りに使えるとは思いもしませんでしたが、角松っぽくて様になってると思いません!?

なかま父のこの正月飾りには、家族も絶賛でした。

 

 

 

=== おまけ~過去のお飾り===

 

E E

去年2012年のお飾り。

トドマツ、オンコ、センリョウに和紙をリボンにして。

 

 

E E

2011年。 色んな材料を付けまくった(笑)

ベースは赤いヤナギ。ヨモギやシダの枯葉、アヒルの羽、シカの尾の骨ほか。

 

 

 EE

 

2010年はフェルトでアレンジ。

カラマツの枝に白と赤の羊毛をくっつけて。この切り株を今年も使ったのですね。

右は麻縄で枝を編んでみたもの。

 

 

  M

2009年は気合が入ってたなぁ。ハチの巣まで使ってて豪華~!

 

 1:22 PM|コメント (1)

コメント 1件

  1. ○阪 on said:
    そか、北海道には青竹は無いものね。

    だからこそ色々工夫して、センスいっぱいの正月飾りを作るのですね。

    切り株とか熊笹とか、周りを歩けば手に入るよね。

    かくあるべし、という枠組みを超えて、楽しく正月を祝う気持ちが

    こうした素敵なお飾りを産むんだろうな。

    感動した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

created by SORALINK.
当サイトはソラリンクが制作しました。

Copyright © Nakamano-ie. All Rights Reserved.